現在のページ : HOME

キャッシングの変化

消費者金融全盛期が過ぎた現代、キャッシングは貸す方も借りる方もその方法が変わってきています。以前は利息制限法と出資法が存在し、利息制限法の上限より上、出資法の上限より下、つまりグレーゾーン金利での貸し付けが多かったのですが、現在は確固たる法律が整備され、消費者金融でもうけを出そうと思えば、悪徳業者などになるほかありません。

銀行のカードローンと消費者金融のキャッシングを比較してみても、以前とは違い金利がほとんど変わらない物が多くなっています。住宅ローンや自動車ローンなど目的別ローンは別として、そのほかの目的を定めないローンの場合、銀行の厳しい審査を受けて金利が同じ、という状態なら比較的審査の優しいキャッシングを選ぶ方が楽という意見もあります。

利用者の方も消費者金融のキャッシングについて利用の仕方が変わってきています。消費者金融でキャッシングする、また銀行で目的フリーのカードローンをするという場合、以前は大きな金額を借りるための利用が多かったのです。でも法律改正が行われ、年収の1/3以上のお金を借りることができなくなったためもあり、ちょっと足りない時に利用するという利用方法に変わってきているようです。

また以前はショッピング利用のクレジットカードでキャッシング枠を設け、それを利用するという方も多かったのですが、最近は融資枠を付けないという選択をする方が多くなっています。契約が面倒になる、という事もありますが、クレジットカードでキャッシングする場合、キャッシング専用カードよりも金利が高くなるカードが多いのです。そういった部分にも詳しくなってきたユーザーは、利用を分ける、という方向に動いています。